外為市場のFXについて、解説していきます。FXとは二国のお金を売買することによりその二つの差益を獲得できるという方策になります。二国の通貨の関係で作り出される差益金額をスワップ金利と呼びます。このスワップ金利ですが本来はスワップポイントといっているらしいです。スワップポイント(スワップ金利)とは、毎日得られますがその為替レートの動き方で違うようです。こういうFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利を取得することがねらいで、FXの取引を行っている人もたくさんいるようです。スワップポイントはそのFX業者により違ってくるので少しでも高い取引業者で取引したいですね。とは言っても、スワップ金利は為替相場が動くことで変化してしまうので要注意です。もう一つトレードをやる時は図を読み取る事が重要になるのです。このチャートを読める事で為替の相場の動き方を読み取る事が可能になると言われます。外国為替ビギナーの方が見た際、何を示しているチャート?とわからないと感じるかと思いますが要所を抑えておくことでチャートの読み取りが可能となるのです。どの辺りから円が上昇するだろうもしくは下がるだろうなどこの時が最近では円安になるだろうとこのグラフを見て判別する事が出来為替の取引をやる時にはとてもためになるデータとなるそうです。ここで言う図表は、日本の場合はローソク足が使われるのが通常でローソクの形のようなグラフで表現されています。このようなローソク足(陰陽足)では高値とか安値、加えて終値とか始値を表示しており図で様々な格好になって行きます。