為替介入という言葉を耳にした事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞記事、雑誌、TV、グーグルなどの報道で見かけたみなさんもいるでしょう。最初から為替への介入は我が国では、・財務大臣が為替レートの安定性を保つように使う方策として考えられています。簡潔に言えば、かなりの円高、円安になった時に財務大臣の指図が出ると日本銀行が円を売り買いすることで為替の相場の安定性を狙う、といったものです。為替の介入には方法が何通りかあるのです。1.単独介入・・・政府もしくは日銀が、東京市場の中で直接市場に参入してきて介入を行なう。2.協調介入・・・いくつもの通貨当局が話し合い、それぞれの銀行などが資金を用いて同時もしくは少しずつ外国為替平衡操作(為替介入)を実施していく。3.委託介入・・・他の国の銀行などへ向けて外国為替平衡操作(為替介入)を委任する。4.逆委託介入・・・日本銀行が異国の通貨当局と代わって外国為替市場介入(為替介入)を遂行する。こういった方法があります。いずれのやり方の外国為替平衡操作(為替介入)も短期に、もしくは継続して為替市場にたくさんの影響力を与えます。外国為替市場介入(為替介入)の資金は当たり前のことですが自国の面子をかけているだけにスケールが大きいです。円を基本にして考えると、いつもは数銭ごとに変動する円相場が突発的に大きく変動をするのです。個人の投資家の方ならば今までに体験したと推測できますがこれまで含み益(あるいは含み損)が増加していた持ち高を持続していたところで、持ち高が決済となりましたとの連絡が外国為替の会社の発信でメールが。どのくらい得したのかな(損したのかな)?と思いながら決済の情報を見たところ、自分で考えていた事と正反対の事態になっていて驚いてしまったといった話がよくあります。為替介入が行なわれた場合によく聞く話なのです。このように為替の介入が施行されることで、為替の市場の動向と反対の変動をすることがわかりました。さらに動く金の大きさは非常に大きく変わるため用心しましょう。