任意整理とは一般的に借金の整理というふうにも言われていて、債権を持つものに債務の返済を続けることを選択する債務整理の手順となります。具体的な手続きですが司法書士や弁護士事務所貸方と債務者の間に入って話し合って利息に関する法律に従って利息の再計算をしてから新たに計算した借り入れた元金に対する金利を削減することで36か月くらいの期間をめどに返済していく整理対策です。この手続きの場合には各種裁判所などといった公的な機関が口出ししませんのでそのほかの選択肢と比べたときに、手続きした場合のデメリットが少なく過程そのものも依頼者にとってそれほど頭の痛い問題にならないのでここから比較するようお勧めするルートでもあります。または、サラリーマン金融のように法外な金利ならば、法が許す金利などを超過して払い込んだ借入金利に関しては元金に適用すると考えて借入金の元金そのものをカットすることだってできます。なので、消費者金融みたいな高額な利子を取るところに対しある程度の期間返済してきた例では額をカットできる場合もあり、10年以上続けて返済してきた場合には借金自体がクリアーになることもあります。任意による整理の利点については自己破産とは違い一部分の借金だけを処理していくことができるため他の連帯保証人がいる借入を除いて整理をしていく際や自動車ローン以外で処理したい場合等でも適用することが可能ですし全ての資産を手放す義務はないので、株式や土地などの資産を持っているものの放棄してしまいたくない場合でも活用できる債務整理の手続きになるでしょう。ただ、後々の返済金額と給与等の収入をかんがみてある程度返済の目処が立つようなら任意整理の処理を進めることが可能ですが破産と異なり返済義務そのものが消滅してしまうわけではありませんので負債の量がかなりになるような場合は、現実問題として任意整理による手続きを実行するのは困難であると考えるのが無難でしょう。