外為取引(FX)の投資に関しての的は、各国の通貨でしょう。通貨において勉強してみたいと計画しています。・公式通貨には「基軸通貨」という名で称されるものがございます。基軸通貨の意味は決済において金融機関の取引について主体として利用される貨幣のことを言いますが、現在はアメリカドルであります。当時は英ポンドについて基軸になる通貨でありましたが第二次世界大戦が終わった後はアメリカ合衆国ドルになったのであります。売買されている通貨の種類においては、他で言う外貨投資に比べてみてすごく多いというのが特質なのです。FX会社間により、取り扱っている流通通貨の種類については、異なっているのですが平常では20種類前後ある様子です。20種類の中でも変動性が大きくなっている通貨を、メジャー通貨と言います。変動が大きいという意味は取引きが多く行われていて流通貨幣のビジネスが簡便なことであります。重要な通貨には上の文でお話した基軸通貨の米ドルに、日本円、?(ユーロ)3種の貨幣がありまして、世界の3大通貨名付けられております。英ポンド、豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と言われております。動きがあまりない通貨についてはマイナー通貨と言われて経済大国に比べ国力や経済に関するパワーが乏しい国の通貨で、南アフリカランドやインドルピー、メキシコペソなどが主流の通貨についてはドレードしている規模が豊富なという事もあって値の高安が横ばいで、情報量もたくさんあるそうです。マイナー通貨に関しては、利子の面で高い額な通貨が多いというのがあるので、価格の起伏がすごいとの事です。値の激動が大きいという事に関して、沢山な収益を掴む機会が存在しますが利益を得る機会がある分マイナス要因も大きいです。更に流動する性質があまりない貨幣という訳ですので、終了決定したいと思っている時により売買を完了させる事が不可能な可能性があるので注意しましょう。どの通貨をえり好みするのかという事は、別々の貨幣の属性を注意深く検討してからにする事は重要であるのではないかと感じます。